行方不明者を探そう

>

行方不明者を探す方法を知る

荷物を確認する

突発的な家出の場合は、大量に荷物を持って行きません。
ですから普段使っている荷物がそのままの状態になっていたら、すぐに帰ってくる可能性が高いです。
携帯電話や財布をチェックしてください。
それらがなかった場合は、計画的な家出だと判断できます。
しばらく家に戻ってこないかもしれないので、心配が大きくなります。

荷物のチェックをすることで、家出の危険性を判断できます。
荷物をたくさん持って行った場合は、遠くに行くことも考えられます。
近くなら自分で探せるでしょうが、遠くになると簡単に見つけるのが難しくなります。
遠くに行かれた場合は、専門家に任せた方が良いでしょう。
いつ専門家に依頼するのかも、行方不明者を探すのに重要です。

説得してみよう

行方不明者に連絡できる状態なら、説得してください。
こちらがどんなに心配しているか伝えると、帰って来てくれる可能性があります。
説得する際のコツは、怒らないことです。
怒ると、相手が帰って来にくくなります。
心配して怒りたくなる気持ちは分かりますが、まず帰って来やすい雰囲気を作ることを優先してください。

電話が直接会話できるので良いですが、相手が電話に出なかったり会話の途中で切ってしまう可能性があります。
その場合はメールを送ってください。
また悩みをその場で聞いてあげるのも良いでしょう。
大きな悩みを抱えて家を出るケースが多いです、
悩みを解決する方法が見つかれば素直に帰ってくるかもしれないので、話をきちんと聞きましょう。


このコラムをシェアする